Tao (Coll) / Rick Springfield

Tao (Coll)

Tao (Coll) / Rick Springfield

Artist:Rick Springfield
Label:Rock Candy
発売日:2008-11-18

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

サプライズ ! SPRINGFIELD。 冒険するSOUNDが刺激的!

1.DANCE THIS WORLD AWAY−4:35
2.CELEBRATE YOUTH−3:53
3.STATE OF THE HEART−4:34
4.WRITTEN IN ROCK−4:36
5.THE POWER OF LOVE(THE TAO OF LOVE)−5:02
6.WALKING ON THE EDGE−5:10
7.WALK LIKE A MAN−4:06
8.THE TAO OF HEAVEN−1:37
9.STRANGER IN THE HOUSE−4:04
10.MY FATHER'S CHAIR−3:30
RICK主演映画の大ヒット・サントラ「HARD TO HOLD」の後に発表された作品。 オープニングから今までにないデジタルな音で叩きつけてくる ハードな「DANCE THIS WORLD AWAY」で度肝を抜かれ 先行シングルの【2】のカッコ良さに盛り上がり 【3】のミディアム・ナンバーでしっとりさせる・・・ この流れが好きですね。 正統派のROCKを期待していたファンはちょっと違和感があるかもしれません。 でも私は このALBUMを聴いて これはこれでRICKらしいと思うのですが・・・ RICKはこの時、彼なりに この時代でしかなし得ない作品を作りたかったのだと思います。 「HUMAN TOUCH」や「BOP ’TIL YOU DROP」からも汲み取れるように DANCE MUSICへのアプローチは前々からありまして ここにきて強く そのサウンド作りに取り掛かりたかったのではないだろうか。 勿論、発売当時はLP RECORDで聴き込みましたが 文字通りCDのデジタルサウンドで聴いてみれば 別にCDの時代を狙ったわけではなく やはりあの時代でこの音をやりたかったのだろうと思います・・・ 好みや評価は分かれると思いますが 私としてはどんな衣をまとっても RICKらしくROCKする楽曲であるのなら どんな作品でも良いと思うのです。 同じ時代に生き 素敵な曲を聴かせてもらい、思い出へと導いてくれる扉(曲)を残してもらって感謝です! その他の収録曲ですが 【9】のようにスリリングでカッコいいナンバーや RICKらしいメロディで駆け抜けるROCK【4】など良い曲があります。 【6】のアレンジなんかカッコ良過ぎです。 ・・・確かにこの曲たちをストレートなスタイルでやったなら また違う作品になっていたと思いますね。 けれど この「TAO」の凝った音質は他にないセンスや拘りがあり やはりこれはこれで良かったと時を経て今、感じます。 「TAO」はRICKの作品中 いろんな意味で異色作ですが このSOUNDが好きな人にはシビれるほどカッコよく仕上がった作品だと思います。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

Living in Oz
Rock of Life
The Snake King
ロック・オヴ・ライフ
Venus in Overdrive
Damn Yankees
BAD ENGLISH
ロケット・サイエンス
Working Class Dog
ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド(期間生産限定盤)

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH