This Delicate Thing We''ve Made / Darren Hayes

This Delicate Thing We''ve Made

This Delicate Thing We''ve Made / Darren Hayes

Artist:Darren Hayes
Label:Powdered Sugar
発売日:2007-08-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

個人的には『Spin』超えた完成度!

元Savage GardenのボーカルDarren Hayesのニューアルバム。自身で立ち上げたレーベルからの、先行シングルカットを含む2枚組み25曲の大型作品。
Savage Garden時代は恋や愛や友情を語りながらも、楽しいかっこいい気持ちいいを求める純粋さがさわやかな曲調を生んでいた。
しかし、精神的に大きな影響を与える人生の岐路を経た後に精神世界的な曲調へ変化していくことは、歌手一般によく見られる。
本作はまさにそのような感覚だ。
ジャケットのデザイン〜黒地に線画で何かを暗示するかのようなイメージが一貫して流れている。
ソロ第一弾アルバムのSpinではSavage Gardenテイストにソロとしての自由さを加えた昇華が感じられたが、The Tension & The Sparkを経てこれからのDarrenはこのような方向性なのかもしれない。
曲そのものは全体的に完成度も高くて悪くないが、25曲の中で変化は少ない。
個人的にはDarrenはもっとさわやか系ハイテンポで歌ったほうがかっこいいと思うので、星3つ。

個人的には『Spin』超えた完成度!

2枚組み25曲入り
というある意味すっとこどっこいなボリュームのため、まだまだ聴き込めてはいません。
ファンとしては、1年に1枚ずつだしてもらいたいというのが本音ですかね。
寿司屋で、大トロをまとめて25貫出された感じです。
美味なんだけど、さすがに食べ切れません!!
でも本当に贅沢だ。。幸せ◎
まだまだざっくりとではありますが、印象としては、どの曲もダレンらしさがでてて、なんというか
ダレン、おめでとう
という感じです。
1st『Spin』のかっこよさ
と、混迷を極めた
2nd『Tension and the spark』の暗さ
が、この3rd『This delicate thing we've made』でうまく昇華されたと思います。
サヴェージガーデン解散後、ダレンがソロとして、もがきにもがいた末にたどり着いた前人未到の境地をみた気がします。
そういう意味での「おめでとう」です。
いや、ほんと敬礼ものです。
楽曲の豊富さもそうですが、前人未到の境地に辿り着いちゃった人間がかもし出す、「圧倒的」ぶりがすごいです。
昔、SAVAGE GARDENが好きだった人もそうでない人も、進化したダレン・ヘイズをぜひ聴いてみてください。

圧倒的。

"On the verge of something wonderful"や"How to build a time machine"のように曲とのかけあわせの中で迫力を発揮する一方、"Words"のように繊細な世界も作り出す、圧巻の歌唱力。
曲の善し悪し以上に、彼の作り出す世界に引きずり込まれてしまった。

対照的な2枚組。

3年ぶりのアルバム、25曲で聴き応えたっぷりです!
1枚目で冒険して2枚目で安心させる、といった感じでしょうか?
限定盤は「ブックレット入」ということになっていますが、
日本のCDなどでは普通に入っている歌詞カード(冊子)のような感じです。
輸入盤は歌詞カードがないのがざらなので豪華といえば豪華ですが…(^^;)
ケースは商品イメージでは分かりにくいのですが、ベルベットのような布が貼られていて素敵です。

「大作」

大作です。
ボリュームだけでなく質もあります。
新しい世界に踏み入れているのに、保守的なファンの期待を裏切らず
またファンを置き去りにしていかない
彼とこのアルバムはとにかく素晴らしい。
特にオススメな歌は:
Disk 1 では
Conversation with God
Disk 2では
Neverland
です。

3枚目のソロAL!!

今までのソロALは曲がどうとかよりDARRENの声で好んでたところがあった。だけど今回のALは声はもちろん、曲も良いと思う。初めは「2枚組は苦痛になりうるかも」と思った。私の中の2枚組は「ただダラダラ長いだけ」というイメージがあった。と言うより、実際某アーティストの2枚組を聴いて、そう感じた。だけど今回のDARRENの2枚組は私の中で最高傑作になりうる作品だ。Disc1=#1#2#3#4#5#7#8#9#13,Disc2=#1#2#3#5#7#8#11#12が好き♪

The bestest voice that Darren have.

いつもDarren の歌声がすごく好きです。彼が書いてた歌詞と曲も素敵だし。本当にお薦めたい一枚のアルバムです。皆さんも聞いてみてください。

ソロとして辿り着いた渾身の2枚組!

1stソロのカッコ良いspin、2ndの新らしくもなんとなく陰のあるThe Tension & The Spark
そして3rd、ソロとして辿り着いた渾身の2枚組だと思います。
ダレンらしくデジタルを駆使した80年代ポップな感じあり、
透明感のある声を生かしたバラードあり…多彩です。
全体的にポジティブで、次はどんな音が出てくるのか楽しくなります。
楽しんでいろいろ試みた結果こんなに曲ができたのでは?と思ってしまいます。
個人的にはかなり気に入りました。

お腹いっぱい、大満足です!

この前の2ndがイマイチだった私は正直3rdには期待してませんでした・・・。でもDarrenの声が大好きなんで、気になって購入しました。聴いた瞬間、Darrenの音楽世界にスーっと入り込んだ感じがしました。「すごいっ!Darrenが帰って来てくれた!」って嬉しくなりました。この作品を聴いて、これからもDarrenには音楽活動を続けてもらいたいと思いました。

残念

残念!ソロ1発目のアルバムの完成度が高かったから期待したが、色々なジャンルの音にチャレンジしたためかまとまりのないアルバムになってしまったように思います。声も言いし、いい感じの曲もあるけど全体的に何度も聞き込みたいと言うほどの気持ちになれなかった。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

テンション・アンド・スパーク
スピン
We Are Smug
Truly Madly Completely: Best of Savage Garden
Savage Garden (Expanded Edition)
Affirmation
サヴェージ・ガーデン
コンプリート・ベスト ~ザ・シングルズ~(期間生産限定盤)
Affirmation
Secret Codes & Battleships: Limited

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH