Stepping Out of Line: Anthology / Au Pairs

Stepping Out of Line: Anthology

Stepping Out of Line: Anthology / Au Pairs

Artist:Au Pairs
Label:Castle Music UK
発売日:2006-06-06

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

リーズ一派とAU PAIRS

1978年結成のバーミンガム出身の男性2人、女性2人のポスト・パンクバンド、AU PAIRS、これは1981年の1stアルバム「PLAYING WITH A DIFFERENT−」と1982年発表の2ndアルバム「SENSE AND SENSUALITY」をカップリングして更にBBCセッション、デモ、7&12インチシングル、LIVEを加えたアンソロジーアルバム(2006年発売)。
身上はソリッドでシンプルなギターサウンドと、実際に交流のあったGANG OF FOUR、DELTA5のいわゆるリーズ一派とも通じるファンクビート。ポスト・パンク色の強い1stアルバムは男女混合バンドということでは接点のあったラフ・トレード、のESSENTIAL LOGICやGIRLS AT OUR BESTなんかともリンクするところあり。女性ヴォーカルのLESLEY WOODSはフェミニズムを標榜しており、そのポリティカル・フェミニストぶりはアルバムタイトル、曲名からも窺うことができる。「HEADACHE FOR MICHELLE」なんかはリコメンのLINDSAY COOPERのようにも聞こえる。
次の2ndアルバムとなるとパンク色はやや薄れ、リズムはより強調されギターもカッティングが中心になり、ちょっと1982年当時のブリティッシュ・ファンク、いわゆるニューウエイヴっぽくなってくる。とはいえ、GANG OF FOUR同様、甘さは微塵もないところが素晴らしい。彼らの「SOLID GOLD」と聞き比べてみるとその個性の違いがかなり面白い。しかし、「WHY THEORY?」そっくりな曲もあったりして。
ライナーによると1982年には285回のギグをこなした後、何曲か録音するも残念ながら解散(そのときのデモはここに入っています。)。
AU PAIRSは欧米では評価がそれなりにされていると思いますが、日本では何故かちょっと死角になっていたと思う。これを機に是非、再評価を望みます。ポスト・パンク好きはESSNTIAL LOGICのアンソロジー同様必聴のアルバム。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

Fanfare in the Garden: Essential Logic Collection
Singles & Sessions 1979-81
Greatest Gift
The Virgin Years
The Meters (Original Album Series)
Wishing: the Very Best of
BURNING BRITAIN [CD]
DISTORTION TO DEAFNESS [2CD]
Hot Burritos! The Flying Burrito Bros. Anthology 1969-1972
FUZZY WARBLES VOLS 4-6

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH