VENEER / JOSE GONZALEZ

VENEER

VENEER / JOSE GONZALEZ

Artist:JOSE GONZALEZ
Label:OCTAVE/ULTRA-VYBE,INC.
発売日:2005-07-09

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ノース・マリン・ドライヴ

一聴して、ベン・ワット唯一の1stソロ「ノース・マリン・ドライヴ」を彷彿させられたリスナーは数多くいるだろう。と書くと、二番煎じなのかと思われるかもしれないが、そんなことを言いたいわけではなくて、あの冬の冷たい空気感を、ボサ・ノヴァやニューウェイヴを取り込みながら表現し遂げることは、絶対に人真似ではできないことなのだ。だから懐かしさというより、まさかこの感覚を別のアーティストで感じ取れることがあるとはという驚きのが強い。しかも2000年以降のデジタルですら厚みを持たせることの時代に、これだけ簡素で、まるで水墨画のような朴訥さを表現できるなんて、まさに奇跡的じゃないだろうか。
久し振りに、じっくり何度聴いて、その音楽世界に沈み込めるアーティストに出会えた気がする。雑多な音楽を取り込んでいながら、出される音楽はあくまでもシンプルで、研ぎ澄まされている。この辺は、同じフォーキーな新しい音でも、デヴェンドラ・バンハートとは趣がかなり違っている。どちらも好きではあるんだが。

よいですよぉ

これ、いいです。
ジャンル分けするのは難しいですが。
雨の日に聞くとすごくいいです。
雨の日とか、夜の静かなドライブとか。
全体的に静寂な感じの
ギターとボーカルが際立つ
シンプルな音楽です。
ただ、惜しむらくは収録時間が30分ほど・・・。
もっと聞きたかった!
蛇足ですが、VENEERはベニア板のベニアだそうで、
その他に「空虚な」という意味もあるそうです。
どちらかといえばそういう「空虚感」「虚脱感」
「脱力感」が感じられるアルバムです。

最高にくつろげる音楽

今年のSUMMER SONICのビーチステージで見て、即購入しました。
青空の下、ビール片手に海風に吹かれながら聴いたのですが、身震いするほど気持ちよかったです。
お客が少ないにも関わらず、あんなに素晴らしいパフォーマンスを披露して
くれて感謝!
音楽的にはアシッドフォークという程の派手さはないし、確かに
既存の音楽からは全て微妙に外れた位置にある音だと思います。
使い捨て、聴き捨てではなく愛着を持って何十年後も間違いなく聴いていると思うので
コストパフォーマンスは抜群だと思います(笑
買って損はないですよ。

これからの活躍が期待される

アルゼンチンの伝統的音楽を継承しつつも、英国音楽の影響をうまくそこへ反映させているのだけれども、聞いていて大変心の落ち着くのを感じた。
声は非常にBen Watt(Everything But The Girl)とそっくりである。最初、Ben Wattかと思って聞いたのだが、こんな曲無いのはハナから分かっていた事なので調べたところ、Gonzalezという名の弾き手であった。
これからも楽曲を提供し続けて欲しい。そうしてこそアーティストの価値は高まる。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

IN OUR NATURE
Vestiges & Claws [帯解説・歌詞対訳付 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (TRCP181)
In Our Nature
マイ・ヘッド・イズ・アン・アニマル
Descended Like Vultures
The Secret Life of Walter Mitty

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH