Happy Songs For Happy People / モグワイ

Happy Songs For Happy People

Happy Songs For Happy People / モグワイ

Artist:モグワイ
Label:トイズファクトリー
発売日:2003-05-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

Happy Songs For Happy People

スコットランドの前衛ロックバンド、モグワイ。音の野蛮人という彼らのレッテルは変わらないかもしれないが、新作『Happy Songs for Happy People』を聴く限り、もはや単に宇宙船からの脱出をサウンドでシミュレーションしていた頃の彼らではない。以前は民主的であったとはいえ、ステュアート・ブレイスウェイトが実質上バンドリーダーを務めており、彼の荒々しいギターがバンドのシンボルだった。しかし今作からはマルチプレーヤー、バリー・バーンズが後を継いだ。ブレイスウェイトのギターに比べるとだいぶおとなしいが、「Hunted By a Freak」ではエフェクトたっぷりのボーカルがどこか弱々しいハートを歌い、霊感漂う「I Know You Are But What Am I」では瞑想的なピアノを聴かせてくれる。 <p>とはいえ何よりもこのアルバムの魅力となっているのは、純粋な幸福感である。アンプ全開のアップナンバー「Ratts of the Capital」ではダークでスケールの大きいメタルサウンドにオーケストラのベルと何回もオーバーダブしたギターを調和させてしまっている。いきなり出てくるバンジョーのインタールードやゲストボーカルも、エンディングへと向かうゆっくりとした流れを邪魔していない。 <br>ただモグワイは燃え尽きてしまったのかと心配する人もいるだろう。確かに代表作『Come On Die Young』のような作品を望むのは無理かもしれない。しかし常に変化し続けるモグワイのサウンドはみずみずしくパワフル。彼らはまだまだ健在だ。(Louis Pattison, Amazon.co.uk)

広がる世界

デカいスピーカーで、近所迷惑にならないギリギリの音量で聞いてみた
それでも音がうるさく感じられない
ただ世界が広がっていくだけ
聞いてて何か別の世界に取り込まれる感じのするアルバムってのは珍しい
霧がかかった、静かな街角にたった気がした
そういうアルバム

何!?

前作「ROCK ACTION」が明るくなったような感じです。
「MY FATHER MY KING」の流れを期待すると肩透かしを食らいます。
4曲目、9曲目などは、かなりドラマティックな展開で、
今までのMOGWAIにありそうでなかったタイプの曲です。泣けます。
何よりも驚いたのは、パソコン対応のデータが入っていることです。
STEINBERGのCUBASE SXという音楽ソフト対応のプログラムのデモバージョンが収録されています。
さらに、1曲目の「HUNTED BY A FREAK」のトラックが収録されているのです!
つまり、CUBASEがあればMOGWAIの曲をミックスできるということです。
エンジニア志望の僕としてはヨダレもんです。
不特定多数の人に自分の曲をミックスさせるというMOGWAIのスタンス最高です。
こんなCDはじめてだ!ありがとう!

きもちいい

愛を感じます。
なんでしょうか?この感じ。前作と後作は殺伐としたものも内包しているのですが。
まータイトルからして、幸うたを福人へですから。。。
やっと日が射した感じ? なにがスチュアートにあったんでしょうか?
しかし内容は素晴らしい!!聞いててそれこそ幸せになれます。。。

一番いいかも?心にしみるアルバム

もうアルバムを何枚もだし、そのスタイルを定着させてきたモグワイですが、今回もまたすごくいいです。
彼らの一番の特徴といえる静寂~轟音という曲もありますし、轟音なしでまったりと聞かせる曲もありで、アルバムとしてとてもよくまとまっていて完成度が高いです。
今までもそうですし、今回もそうですが、とにかくモグワイの曲はとても感情的です。静かなギターの音にも、轟音の時も、とにかく聞いてて心に響きます。それがこのバンドの良さのひとつではないでしょうか。
こういうノンボーカルでじっくり聞くようなロックが苦手な人でも、ちゃんと聞いてみれば絶対何かを感じるはずです。
特にこのアルバムはとても聞きやすいと思うので、聞こうか迷ってる人にも、もちろんモグワイ好きな人にはおすすめです。
あと、このバンドはライブがいいです!とにかくすごい!
CD聞いていいな、と思った方はライブに足をはこんでみてください。

今のところ

アルバムとしてはこれが一番好きです.
Fujirock '03 Day3 は
ホワイトステージにほとんど一日いたのですが,
そこのトリがMogwai. ほんとうにとんでもないです.
帰ってきてアルバムそろえましたが,
一番全体の感じが好きなのがこのCDです.
確かに Rock Action の 2 Rights や,
CODY の Christmas Steps
Young Team の Mogwai Fear Satan のような
必殺の一撃はないかもしれませんが, 全体がすごいです.
1,3,4,6あたりは本当に名曲です.

至福の音

MOGWAIの作品を聴いていると、見ているものや景色の全てが、音に溶け込んで融合してしまう。このエモーショナルな音楽は全てに魂を吹き込んでしまうのだ。これほどまでに繊細で、鍛錬に作り込まれた音は他ではなかなかみられないだろう。ノンボーカルでも成り立ってしまうのは、彼らの卓越された楽曲センスにあるのだろう。
現代ポストロックにおける、革命ともいえる一つの金字塔を打ち立てた彼らに賞賛し、感謝したい。

完成形

MOGWAI最大の武器である静寂から轟音への展開、
そして前作「ROCKACTION」の流れを組んだ作品。
ヴァラエティに富んでおり、トータルタイム40分強にまとめられコンパクトで聞きやすい。完成度の高さも抜群。
しかし、上手くまとめ過ぎているせいか、過去の作品に感じられた彼ら独特の緊張感を失っている気がする。
ただ今作は今までの集大成的作品なので、上手くまとまって当然なのかな?
次作は新たな領域求めてチャレンジして欲しい!

ここまでやるとは・・・

初めてモグアイのCDを買いました。ほかの人がはまるわけです。絶対あなたもこのモグアイの世界のドアを開けたほうがいいです。お値段も得ですし・・・
曲の見えないパワー・壮大さに圧倒されます。だだのインストルバンドだと思うなかれ!!!
fujiのパフォーマンスが楽しみ!

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

Rock Action
ミスター・ビースト(初回)(DVD付)
Mogwai Young Team
Rave Tapes
The Hawk Is Howling
Hardcore Will Never Die But You Will
Every Country's Sun
ハードコア・ウィル・ネヴァー・ダイ・バット・ユー・ウィル
モグワイ・ヤング・チーム(デラックス・エディション)
My Father My King

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH