Beneath Medicine Tree / Copeland

Beneath Medicine Tree

Beneath Medicine Tree / Copeland

Artist:Copeland
Label:Militia
発売日:2003-03-25

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

儚くて優しい

すべての曲が切ない仕上がりになっています。
ギターのコードワーク、ドラムのリズムが気持ちいい。なんといっても声が魅力です。
エモというとウルさい仕上がりな曲が多いんですが、対照的と言える優しいアーロンの声が重なることですごく心地いい。
買って損はしないです。

Brightest

Brightestでなんど涙を流した事か…
エモがどういう意味か知らなかった僕にその意味を教えてくれた作品。
名盤としか言いようがない。

涙が止まらず。

フロリダ出身、現在はアトランタで活動する、所謂「エモ」系のバンドというフレコミですが、既に「エモ」のカテゴリーが邪魔な位に優れた音楽性を発揮したデビュー・アルバムです。プロデューサーに「My Hotel Year」等を手がけたMatt Goldmanを迎え、彼のスタジオにて制作され「Militia Group」レーベルよりリリースされました。ソングライターであるMarshの、身近な悲劇的な事実 ー ガールフレンドや祖母の入院 ーにインスパイアされて作られたという楽曲(そういえばジャケは病院や医療のモチーフが多い)は、とても静謐感のある、ある意味ダウナーな雰囲気が感じられますが、それを繊細なヴォーカルでしみじみと、訥々と語り、それがサウンドに深みを与えています。特にファルセットがかった部分なんて、鳥肌モノ!ミディアム~スロー・テンポの曲が多く、ピアノ、ギターを中心としたアコースティック・タッチのシンプルなサウンドに、美しいメロディのブレンド具合が素晴らしくて、本当に「聴かせる」作品ですね。じっくりと、長く味わえるアルバムでしょう。すでに名盤の声も!

素人の感想。

生きていく時に迷った時、このアルバムに力を貰うと思います。

美しく、優しく、そして勇気づけてくれるような…

ずっと気になっていたし、色々な方のレビューを見ていいらしいという
のはわかっていましたがズルズルとのびてやっと購入。
たまたま注文した翌日に地震にあい、緊張したままの
日々を送っている…そんな時に手元に届きました。
聴いてて本当に涙出そうでした。
フワッと持ち上げてくれるような優しさに満ちていて、
力強くもあり、まるで勇気づけられてるような不思議な気持ちになりました。
まさか、こんな状況で聴く事になるとは思いもよらなかったけど、
ずっと自分の中で印象に残る1枚になりそうな…そんな気がします。

ありがとう......

レビューを見てとても気になり即買い!歌詞の内容がわからなく、輸入版を買ったのが残念ですが 内容はまじやばい!泣き!泣き!泣き!涙でる!少しゲットアップキッズを思い出させる感じで声がきれいでうまい!最後の曲のドラムの打ち込みもかなりおすすめ!ピアノとかバイオリン...使い方がまたやらしい!ポストロックばかり聴いてるけど、このメロディーにはやられましたね(笑)ほんと最高の一枚だと思います!
ジャケの中はジャケどおりあんな感じ 病院の中の写真が写ってて たぶん意味があるのかもしれませんね...人を救うということ....なのかも...そんな感じで聞いてみるのもいいかもしれません。 

甘く切ない

フロリダのバンド。
本当に切ないメロディ。
このバンドのソングライティング力は天才的だ。
エモという枠を超えて色々な人々を感動させられる
ミュージシャンなんてどれくらいいるだろうか?
下にあるいくつかのレビューを観ればよく分かるだろう。

ROCK期待の新星現る。

始めから断言します。今後のシーンのターニングポイントになる素晴らしい作品です。フロリダはレイクランド出身の4人組。JIMMY EAT WORLD、RADIOHEAD、ELLIOTT、TOAD THE WATER SPROCKET等に影響を受けたという彼らのサウンドは先に挙げた諸先輩方たちにも、全く引けを取らないオリジナリティー溢れるサウンドが既に確立されています。とにかく聴いて頂いて、判断してもらうしかありませんが、この手のバンドにとって最重要課題である1曲目の食いつき具合も最高です。「ピアノが静かに奏でられ、ボーカル滅茶苦茶、イイ声しております。ときおり声が裏返るときなんか、背中がゾクッとします。」EMOなんてジャンル云々の枠を軽く飛び越えて、今すぐにでも大ブレイクしてしまいそうな予感。メンバー男前なんで、女性にもオススメな好盤! 

やさしいけどどこか儚い

最初ただ流して聴いたときはゲットアップキッズを大人しくした普通のロックに聴こえて「噂だけが先行したのかな?」と思ったけど、歌詞なんかを見ながら集中して聴いてみると印象はガラっと変わった。染み渡るメロディーに胸が熱くなり、切なくも力強いヴォーカルに感動する。聴き込めば聴き込むほど感じるものが溢れだしてくるような、強い想いが詰まった作品だと思う。
しかし欠点もある。深く味わうにはそれなりの集中力がいるのだ。ただ垂れ流して聴くと抑揚が感じとれなくてメリハリがなく聴こえてしまうことがある。そういう意味ではスピーカーよりヘッドフォンでじっくり聴くサウンドなのかもしれない。2、3、4がオススメ。

こいつらはビッグになる!間違いない!

もうね、美しすぎるんですよ。
グッと胸をうつようなサウンドとはまさにこのこと。
しんみりしてるだけじゃーないのだ。静かに、そしてグワワーっと。
音が厚くなるとさらに胸が熱くなるようです。
ボーカルもこれがまた感情豊かな声でして。よく声を裏返したりするんですがもう聴いてて「うひぃ~んっ」ですよ。たまらん。
繊細なのに力強さももった美しさ、これは体感するしかないよ?

美エモ好きな人らの間ではけっこう有名なこいつら、でも一般的にはまだまだ。
商品流通などの環境が揃えばいつでも売れると思う。日本でももっともっとプッシュすべきアルバムであーる。
ほんとにね、出会ってよかったと思うわ。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

You Are My Sunshine
イート,スリープ,リピート(DVD付)
Ixora
Dressed Up & in Line
Guilt Show
American Football
Grow

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH