By the Way / Red Hot Chili Peppers

By the Way

By the Way / Red Hot Chili Peppers

Artist:Red Hot Chili Peppers
Label:Warner Bros / Wea
発売日:2002-07-08

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

By the Way

初めてザ・レッド・ホット・チリ・ペッパーズが体にネオンを塗りたくり、自分のソーセージにあぶなっかしく靴下をぶらさげて登場した時、最も忠実なファンク・メタルのファンでも、このバンドが20年経つ今もあまり変わらないファッションで活動を続けていることを予期することなどとても出来なかった。様々な悲劇と個人生活の激動を乗り越えて、このカリフォルニアのカルテットの8枚目のアルバムが登場。いつものように、ちゃんとビジネスしている。そしてこのビジネスというのが、決まってとってもいいのである。タイトル・トラックのBy the Wayは、スラップ・ベースにホワイト・ボーイのラップの中継ぎがはいるパワフルで傷だらけの1曲だ。Universally Speakingは、シンガー アンソニー・キーディスの故郷デトロイトに捧げる汗臭いソウルフルな曲である。Lemon Trees on Mercuryは1984年のFreaky Styleyからの借用じゃないかと思うくらい奇妙に似ている。このバンドの一つのジャンルに偏らないサイドを見てみよう。ラテン・フレイバーのCabronやムードたっぷりのVenice Queenなどがあげられる。しかしなんといっても驚かされたのは、Tearである。このみごとなザ・ビーチ・ボーイズへのオマージュは、ザ・チリ・ペッパーズの発展を阻まれた終身刑が免除される日が来ることを予感させる。

By the way, I tried to say I know you

2002年発表の8thアルバム。前作「Californication」はジョン・フルシアンテの復帰第一作であり、美しいメロディがフィーチャーされてはいたが、その枯れたサウンドはあくまで「Blood Sugar Sex Magik」や、バンド脱退期間のジョンのソロ・アルバムの延長線上にあるものだったと思う。しかし今作には「Californication」に見られたような、枯れた諦念や傷だらけのたたずまいといった要素は薄れ、より前進した内容になっている。曲によっては深いディレイやリヴァーブが施されたサウンド・プロダクションは、より洗練され多様性を増した印象。なんといっても素晴らしいのはジョンのギターとコーラス・ワーク。決してテクニックをひけらかすような派手なプレイはせず、ひたすら曲を良いものにする、歌に寄り添ったメロディアスなプレイに徹している。
某誌のインタヴューでジョンは、「こんな不穏な世の中だからこそ、みんなに安心とか希望を与えるような、美しい音楽を作りたいと思った。そのために全力を尽くしたよ。」と語っているが、そのとおりの内容になっていると思う。音楽としての高い完成度が、生きることへの力強い肯定性を感じさせてくれる。「By The Way」や「Universally Speaking」の、ヴィデオ・クリップも素晴らしかった。

フリーが好きな人も安心していいと思う

たいまつみたいなヘルメットをかぶってライブしたり、「靴下一丁」でアビイロードを横断したり、アヤイヤイヤイヤイ!とシャウトしたり、そういう暴れ者ぶりも今は昔となり、前作「カリフォルニケーション」から増えてきた歌心あふれるナンバーが、ここへきて楽曲のほとんどをしめるようになった。ゴリゴリのファンクはなりを潜めた。一般に、ベテラン・バンドから激しい曲が減ってくると、「丸くなったなあ」と文句が出る事が多い。雑誌などにいくら「音楽的成長」などと書かれていようと、やはりダメな場合はダメなものである。だが今回のレッチリのアルバムに文句を言う人はそうそういないはずだ。それだけの説得力を持つアルバムなのだ。喪失と試練を繰り返してここまで転がり続けてきた傷だらけの彼!
だから表現できる精神的な深さ・重さが、静かでエモーショナルな曲群に満ちている。同様に、あからさまなファンク・ナンバーは無いものの、これまで彼らが獲得してきた音楽的な要素は失われることなく各楽曲の空気を作っているのだ。聴いて涙をあふれさせる人もいるかもしれない。あまりにも名盤!

愛のアルバム

うまく言えないですが、とりあえずレッチリの中では最も好きなアルバムになりました。
初めて聞いたときは一曲目のby the wayばかりに耳がいっていたのだけど、次第にむしろこの曲がういているなと思えるほど2曲目からの優しい流れに夢中になりました。欲を言えば、17曲もあるのだからもう少しヘヴィーな曲など幅広いジャンルがあればなとも思います。
ただ、インタビューでジョンが曲作りの時点ではヘヴィーな曲も多く作っていたと言っていましたが、アンソニーとプロデューサーにボツにされたと言っており、確かにこの17曲だからこそこれだけ素晴らしいアルバムになったのかな、とも感じます。
とにかく何度聞いても飽きない個人的には無敵の名盤の一枚です。
ちなみに、ボーナストラックもかなりいい感じの曲なんで、断然国内盤を勧めます。

泣ける曲多し!

今回のアルバムはきっと意見が凄く別れるのではないか?と思います。
今作は前作『カリフォルニケイション』の雰囲気を引き継いで
更にメロディアスにした感じの曲目が多いから。
昔のハードな感じが好きだった人にはちょっと物足りないんではないでしょうか?
しかし、聴き込んでるうちに凄く嵌ると思います。
ハード過ぎず、と言うだけでハードな部分が無くなっている訳じゃなくて
メロディアスな部分が目立っているだけだから。
基本的にはレッチリ独特のサウンドは充分健在!
タイトルナンバーの1曲目『By The Way』
これを聴いて、心が動かない訳がない!
個人的には4曲目『Dosed』には泣かされました。
メロ良過ぎです。
私は昔のハードなレッチリが好きだった人間ですが、
このアルバムはそれにも劣らぬアルバムに仕上がっていると思います。
カリフォルニケイションよりも好きですね。

彼らの向かう道

レッチリは人によって最高傑作が違ってくる。
個人的にはレッチリの最高傑作だと思っているのがこの作品だ。
前作の『Californication』のメロディアスな雰囲気をさらに推し進めてきた感じだ。
一曲目の『By The Way』から飛ばしてくるところはさすが。
なによりこの曲はベースが本当にかっこいい。
さすがはフリーといったところだろうか。
特に七曲目の『Can't Stop』は文句なしにいい。
彼らの中でもここまでのれる曲は珍しい。
これぞレッチリといった曲だろう。
しかし、全体的に見るとやはり綺麗なメロディーが目立つ作品である。
4曲目の『Dosed』や12曲目の『Tear』などがそれである。
中でも『Tear』は完全に泣きの曲であり、そのメロディーは美しさを極めている。
これらを聴くと、彼らのこの先が見えてくる。
彼らの向かう道は、最新作である『Stadium Arcadium』でも示されている。
今後の彼らのさらなる成長が楽しみである。

良質ロックバンド

やはり昔のファンキーさはほぼ影を潜め良質のロックバラード、ミディアムロックナンバーが中心のアルバム。ジョンのソロを聴いたことがある方ならお分かりでしょうけど、彼の影響力はやっぱり大きいのだと容易に想像がつく。個人的には若いころのレッチリが好きですけど、全然別のバンドとして聴くと素直に良いロックアルバムだと思う。レッチリを知らない人でも、また苦手だった人でも好きになれる1枚だと思います。でも「CAN’t Stop」のような、ノリノリチューンが好き。

包み込んでくれる音

私はこのアルバムに日本の四季のような感覚を覚えました。
初めて耳にした時のインパクトは今までのアルバムに比べて強くは無いと思うんです。
でも一つ一つの音が春の花や夏の日差しや秋の枯葉や冬の雪のように色とりどりで美しい。
ジョンのコーラスが多用されているのも音の幅を広げているように感じます。
フリーとチャドの抑えた感じのリズムとアンソニーの優しい歌声、ジョンの多彩なギターの音色・・・
彼らの化学反応し続ける魂に触れる事ができる素敵なアルバムです。

けっこう泣けます

傑作「カルフォルニケーション」から3年。待ちに待った新作である。
今回は制作するにあたって、デヴィッド・ボウイやスミスを聞き込んだという。言われてみれば、確かに切ないメロディはボウイを彷彿させるし、アコースティック・ギターの使い方などモロにスミス。この辺は好みの別れるところだと思うが、意外とハマっている、というのが個人的感想。
暴れん坊だった片鱗をしっかり残しながらも、大人の余裕さえ感じさせる好アルバム。

魂のアルバム。

ドラッグ中毒、メンバーの死や脱退、そして奇跡の復活劇‥‥。結成から二十年、数々の苦難を乗り越えながらも、一つのバンドとしてあり続け、ファンから今も世界最強と呼び慕われる、レッチリの魂のアルバム。僕は最初の頃のレッチリの曲と、このアルバムの9曲目、「MIDNIGHT」を聴き比べたとき、一人の未熟な若者が、たくさんの苦難を乗り越え、やがて立派な味のある大人に成長していくような、そんな一つの人生の変化を見たような気がして、心を大きく揺さぶられた。一つの感動ドキュメント映画ができるぐらいのバンドの歴史と、それを背景とした曲の出来上がりの面白さがレッチリの魅力であり、このアルバムはまさにそれに当てはまるといえます。曲の完成度もすばらしく、始めから最後まで飽きずに聴ける一枚。洋楽になかなか入り込めない人にもおすすめの一枚です。ちなみにレッチリはプロモも最強におもしろいのでDVDも観るほうもおすすめします。特にこのアルバムの7曲目、「Can't stop」のプロモは誰が観ても楽しめます。こんな40代の人達ありえないよまじで!

優しいロックをもとめる人へ

ファンクさは影を潜め、メロディックな曲ばかりで構成されている。
レッチリ最強のナンバー、By The Wayを筆頭に、一度聴いたら手放せなくなるような曲がズラリ。
個人的には、ラテンなイメージで軽快なCabronや、哀愁に満ちたOn Mercuryは何度聴いても聞き飽きることはありません。
とにかく、買って損はないぞ!

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

Californication
Stadium Arcadium
Blood Sugar Sex Magik
I'm With You
MOTHER'S MILK-REMASTERED
One Hot Minute
Greatest Hits
GETAWAY
UPLIFT MOFO-REMASTERED
Live in Hyde Park

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH