The Visitors / Abba

The Visitors

The Visitors / Abba

Artist:Abba
Label:Polydor
発売日:2001-06-21

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

Under Attack

大人なABBAですっっ!私としてはやはりUnderAttackが最高です。もう今まで聞いた洋楽の中でトップクラスの曲です。なんか心が澄むような感覚にさせられます。他にも良い歌がいくつもあります。OneOfUsも好きです。とにかく、このアルバムは、今までにないABBAを感じられ、さらなる活躍が期待される作品だと思います。残念ながらこのアルバムを最後にABBAは姿を消してしまいましたが……

頂点を極めたバンドが燃え尽きる直前に見せた光と影

これが発売された当時は、正直好きになれませんでした。これまでと比べ曲調は暗いし、ジャケットまでなんか暗い。とても不吉な気分を感じていたら、案の定、解散ってことになってしまい、なんか時代の変化に子供ながら戸惑いをうけた印象深いアルバムです。
それもそのはずで、当時はイギリス勢がアメリカへなだれ込んできた時期で、音楽の方向性が大きく変わり、アバは古臭いものになりつつありました。
それでも20年以上たった今でも、そのクオリティは風化せず、今なお新しいファンを増やしていることについては、古いファンとしてはやはり嬉しいです。
人は年を取ると嗜好性が変わるのかどうか分かりませんが、当時はあまり気にもしなかったSlipping Through My Fingersが、今一番のお気に入りです。
繊細な旋律とアグネタの優しい声が、とてもなごみます。
この曲、確かコカコーラかなにかのCMソングで当時使われていたような気がするのですが、さすがにもう思い出せません。

自らの歴史にピリオドを打つべき音楽性。哀しさ満載。

 ディスコ・ブームと相まって、ポップでダンサンブルな楽曲で一世を風靡したバンドの最終作。商業的な絶頂期である「ダンシング・クイーン」や「マンマ・ミア」のよな陽気さは影を潜め、自らの歴史にピリオドを打つべく、しっとりと落ち着いたノスタルジックな内容となっています。
 ゆえに、一般的には話題にされることの少ないアルバムですが、哀しげなメロディーで埋め尽くされたその内容には、また違った味わいがあり、そういった面でもっと評価されてもいいアルバムだと思います。
 「大人向け」のABBA、といったところでしょうか。僕は、大好きです。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

スーパー・トゥルーパー・デラックス・エディション(DVD付)
Voulez Vouz
Abba
Waterloo: Deluxe Edition
リング・リング~木枯しの少女+3(紙ジャケット仕様)
ジ・アルバム+1(紙ジャケット仕様)
アライヴァル+2(紙ジャケット仕様)
リング・リング<デラックス・エディション>+13(DVD付)
スーパー・トゥルーパー+2
That's Me-greatest Hits

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH