Live at the Apollo, New York.. / Robert Palmer

Live at the Apollo, New York..

Live at the Apollo, New York.. / Robert Palmer

Artist:Robert Palmer
Label:Eagle
発売日:2001-05-16

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

絶頂期のロバート・パーマー

アルバムごとに全く違う音楽性をみせる、1989年収録、同氏 選曲による唯一の公式ライヴアルバム。
『パワー・ステーション』『リップタイド』『へヴィ・ノヴァ』といったいわゆる大ヒット後のアルバムからの選曲のほか、80年代初期に発表された『クルーズ』など いわゆる「売れる前」のアルバムからの選曲からも、同氏の自分の曲に対する一貫した「こだわり」が感じとられ、ファンとしては微笑ましい。
特筆すべきは、鳥肌ものの同氏の"声"。結果的に遺作となってしまった『ドライヴ』でも健在だったが、ライヴでのヴォーカルはもっとすごい。黒っぽい、白っぽいといった人種固有の声の概念を軽々と飛び越えた、魂の発露。
"唯一"という言葉は、同氏のようなアーティストにこそふさわしい。

珍しい!!パーマーのライブ版

 パーマー自身も日本であまりライブをやっていないので貴重だと思う。
2000年ニューヨークでのライブを収めたアルバム。パワーステーショ
ンが復活した頃で『SOME LIKE IT HOT』から始まる。
 なかなか珍しい&味わい深い選曲で4曲目『TELL ME I'M NOTDREAMING』をライブ版で聞けるとは・・・。その後は『LOOKING FOR CLUES』『PRIDE』と80年代を連発!!。
さらに10曲目『JOHNNY&MARY』(!!)のサービス付。13曲目『FLESH WOUND』からライブはヒートアップし佳境を迎える。パーマーの声量に圧倒させらる、ライブのほうがアルバムより迫力があるのだから。『ADDICITED TO LOVE』でライブはラストを迎える。
アンコールを望みたい気持ちで一杯だが、彼はもう逝ってしまっているだよな・・・。
 

80年代にタイムスリップ! MTV世代は絶対必聴!!!

 ロバート・パーマーを知ってる世代はかなり限定されると思うが、彼が2003年、54歳の若さで、この世を去ったことを知る人は、それ以上に少ないだろう。
 
 80年代、あれだけ素晴らしい歌を聞かせてくれたのに、今はCMですら聴かれることはない。いずれリバイバルヒットが起こってくれるのを心から祈る。
 さて、このライブアルバム、あの曲もこの曲も入っているのは嬉しいが、音質はAMラジオからカセットテープで録音したようなレベルで、しかもヴォーカルの音量も最初の数曲は不安定だ。
 オーディエンスは盛り上がっているようだが、歓声が小さくて、少々淋しい。
 しかし、さすがに会場はアポロシアター、全盛期のパーマー本人の歌声、気迫は充分すぎるくらい伝わってくる。
 音量を上げて聴けば、音質のストレスは、ほとんど感じないだろう。
 アルバムの構成は、初っ端からスピード感溢れるナンバーで引っ張っていき、中盤で落ち着いた雰囲気とお遊びが入る。そして突然トップランナーのように爆発し、ラストまで曲間全く挟まず全力疾走! 曲のテンポはかなり早い。
 ラストナンバーは、まるで壮大な賛美歌のようだ。
 丸々聴き終えた後は、大満足でコンサート会場を出て行く時の心境を思い起こさせてくれると言ってもいい。
 トータルタイム62分、この値段なら購入価値は充分ある。
 因みに、様々な輸入版で、値段が違ってくるので、購入前には改めて再検索されることを勧める。音質はどれも同じ。
 

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

At the BBC
Maybe It's Live
Pressure Drop
Power Station
Pride & Riptide
RHYTHM&BLUES
R & B
5 Classic Albums
Secrets & Clues & Maybe It's Live
PURPLE RAIN (EXPANDED) [3CD+DVD] (2015 PAISLEY PARK REMASTER, PREVIOUSLY UNRELEASED TRACKS, REGION-FREE DVD)

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH