ヘッド・ミュージック / スウェード

ヘッド・ミュージック

ヘッド・ミュージック / スウェード

Artist:スウェード
Label:エピックレコードジャパン
発売日:1999-04-28

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

ヘッド・ミュージック

メンバー交代を経て発表された前作『カミング・アップ』でポップに生まれ変わったスウェードが1999年にリリースした4作目。前作よりもさらに押し進んでポップだが、親しみやすいメロディに潜む毒といかがわしさは健在。当初は気色悪く聴こえるのに、確実にメロディー・サウンドが頭に残ってしまうのはどういうわけか。ただし、メンバーいわく「大胆なリズムビートを導入した」そうだが、それはそんなに大胆なわけでもない。<1><6><3><4>がシングル・カットされた。(麻路 稔)

プラスチック・ワールド

スウェードをあえて90sのグラムロックと言うなら、このアルバムが一番その表現に近いと思う。
親しみやすくて無機質なメロディと人工的な世界。
ハイテンションでプラスチックでグラマラスな音楽の中にちょっと行き過ぎた寂しさを感じてしまうのも事実。
バンドの狙いと言えば全くそのとおりで、タイトルどおりの”ヘッド・ミュージック”と言う感じ。
作品自体はポップな毒々しいパーティーナンバーで楽しめます。

やっぱりSuedeの音

以前に比べて毒が薄くなってかなり聴きやすくなったが、相変わらずSuedeらしいポップナンバーやバラードは健在なのでファンとしては大満足です。
なお、特にオススメなのが「everything will flow」。体の芯まで響き渡るようなバラードの名曲です。

HEAD MUSIC

「Coming Up」以降のポップな路線を推し進めた結果、suedeはリズムに
自覚的になり、その結果生まれたのがこの作品だった。
ただ、このアルバムはダンス・ミュージックではない。
あくまでも脳内で楽しむ「head music」だ。
メロディーは相変わらず美しく、ブレットの声も健在だ。
歌詞が現実的になった、とも言われたが、それは音の次でしかない。
やや「変わった」というリズムの面で不完全な面もあるが、
これはこれで充分楽しめる。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

カミング・アップ
A New Morning
Dog Man Star: Deluxe Edition
Suede: Deluxe Edition
night thoughts
ドッグ・マン・スター
スウェード
Here Come the Tears
レッツ・ダンス
K

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH