Big Game / White Lion

Big Game

Big Game / White Lion

Artist:White Lion
Label:Atlantic / Wea
発売日:1989-06-08

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

至高のアルバム☆

2ndでブレイクした次の作品である今作は、前作で確立したサウンドを継承した形であり
このアルバムも聴きごたえある名盤だ。
セールスや評価的には前作「プライド」からさらにPOPになりすぎたと言われ、
やや低迷したが、ホワイトライオンのサウンドはPOPで哀愁があるのもであるから、
売れ筋に走ったなど言ってはならないのでは・・。
現にこのアルバムに収められている曲は全て捨て曲はないし、
前作より良い曲も多くある。
1、3、4、8、などまさに真骨頂だろう。
「ウェイト」「テルミー」にも劣らない曲だし、
前作に続いてプロデューサーにマイケルワグナーを迎えているのも良い結果になった。
何よりやっぱヴィトのギターは最高だわ。
この人はテクニシャンであるが、速弾き重視のタイプではなく、
このメロディー以外はないっていうくらい曲に合わせた絶妙なフレージング
を決める人である。(でもバカテク)
ギターソロで言えば”ラストオータムズドリーム”のアンディーのような
1音1音を大切にする人だ。
1、3、のギターソロなんかは絶妙すぎ。すばらしいリードだ!
アルバム中にライトハンドやタッピングを駆使したすばらしいフレーズの
オンパレードである。
そして泣きの名バラードである4曲目は、個人的に史上最高のギターソロだ。
このギターソロを越えるソロにはまだ出逢っていない。
この泣きギターのリードだけでも買う価値は十分にあると思う。
ホワイトライオンは全て名盤だが、
私はこのアルバムが一番好きなアルバムである。

最高傑作!!

最高傑作!! 文句なし!! LPで聴いても最高!!!

何度でも聴ける!

 何から書いてよいかわからない位、全方面的に優れたアルバム。ギターのヴィト・ヴラッタが書いていると思われる。当時のインタビューではアコースティックを使って書く場合が多いと言っていたが、本作では言葉どおり捨て曲が無いアコギによるソングライティングが大爆発!エレクトリックでのリフプレイやソロも文句のつけようが無くどの曲も作られた違和感無く感覚的に乗れる。挟み込まれるフィルプレイなどルーツミュージックへの深い理解が垣間見れる(ニュアンスが深い)。ヴォーカルやコーラスも感覚的に作りこまれていてコレだけのことをいったいどれくらいの時間と構想で練り上げたのだろう?とうならされてしまう。けれど肩を入れて聴く必要はなく全てのディテールは自然とリスナーに届く。当時はもっとエディーから離れるべきだ、などといわれていたが音楽的にはまったく別物!大傑作アルバム。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

Pride
Fight To Survive
Mane Attraction
Pride
Mercury Years
THE OFFICIAL BOOTLEG BOXSET 1983-1986: 6 DISC CLAMSHELL BOXSET
メイン・アトラクション
アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー
The Casablanca Years
プライド

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH