Abraxas / Santana サンタナ

Abraxas

Abraxas / Santana サンタナ

Artist:Santana サンタナ
Label:Sony International
発売日:2004-12-28

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

野蛮なラテン・ロック

最近のミシェル・ブランチとの共演曲などを聴いていると、「やたらギターの上手いおっちゃん」ぐらいにしか思われないだろうが、初期四作ほどでは、かなり野蛮なプレイをしていて、そんな印象を、一瞬で吹き飛ばす。個人的には、映画「ウッドストック」で演奏されている「ソウル・サクリファイス」の衝撃が凄すぎて、思わず三枚ほどまとめ買いしてしまった。「サンタナ」「キャラバンサライ」と共に購入したその中で、本作を、最も愛聴している。タイトルだけで、人一人くらいは殺せそうな1、フリートウッド・マックとガボール・ザボを高次元で融合させた、そのセンスが凄い2などなど。やたらパーカッションが気持ちよい3は、邦題だけ何とかして欲しい。ボーナス・トラックも当時のライヴ音源で、こういうのなら大歓迎。

サンタナのベストアルバムはこれ!

ウッドストック世代にとって忘れられないインパクトを画面から発散させていた当時のサンタナはまさに「ドラッグ」「酒・女」的な不良な臭いがプンプンしていた魅力的なバンドでした。当時、これがロック?と言う評論家も沢山いたが、充分にロックいやそんな範疇をあっさり越えたバンドだった。その魅力はラテンパーカッションとマイク・シュリーブのリズム隊の織りなすリズムのうねり、サンタナのエモーショナルなギター、決してウマくなかったが味のあるボーカルetc.その全てが一体化した怪しいサウンドこそ「サンタナ」の魅力だったと思います。名曲「ソウル・サクリファイス」が入ったファースト。大ヒット曲「ブラック・マジックウーマン」など捨て曲なしの、このセカンド。ニール・ショーンとのギターバトルが戦慄を憶えたサードアルバム。孤高のトータルサウンドが美しい「キャラバン・サライ」この4枚が「サンタナ」のベストだと思う。その中でも、このセカンドがアルバムの構成・完成度からサンタナのベストアルバムと言っても過言でな無い!今のサンタナは、私的には別バンドです。電気を消した真っ黒な部屋で1曲目の「風は歌い,野獣は叫ぶ」を聞いてみて欲しい。そのパーカッションの美しさに絡むサンタナのギターのエロチックな叫び。ここで日常から遊離出来ます!後はめくるめく官能なサウンドの渦に巻き込まれます。これこそコンセプトアルバムです。おまけのライブテイクも暑いです!それと忘れてならないのはアルバムジャケットの美しい怪しさです。見事にサウンドを表現しています。

DVDaudioでは無い!CDです!

 内容はロックの歴史に刻み込まれた作品なので、言う事は無いでしょう。しかし、この商品はDTSサラウンドにエンコードされたCDです。
70年代に4チャンネルレコードが流行った事がありますが、じきに廃れてゆきました。
 さてこの商品のマスターテープは従来のCD用のものではなく、懐かしい4チャンネル(当時ソニーではSQと言っていました)のマスターテープが使われています。通常盤ではカットされた掛け声などが追加されており、懐かしく聴きました。
 SACD盤は通常盤と同じなので、DVDaudioでなくても貴重品です。かなり高かったけれども納得しました。

ピーター・グリーンもびっくり

ウッドストックの映画で強烈な印象を与えて、ファーストアルバムもそこそこの評価で登場してきたサンタナがその存在をロック史に記すことになった記念的超名作。まずアルバムジャケット、1枚目も隠し絵ありの楽しめるものでしたが、この2枚目においては強烈な印象を与えるもう禁断の・・・というところでしょうか。マイルス・デイビスのビッチェス・ブリューと同じ画家だと思うのですがいい出来です。そして極めつけはフリートウッド・マックの「ブラック・マジック・ウーマン」、まさに名手ピーター・グリーンも真っ青。この曲はこのあと様々なライブに出てきますが、ボーカルはこの時のが一番好きですね。いまにし思えば、何故「ブラック・マジック・ウーマン」だったのでしょうか当時でいえば多分2年位前のイギリスのヒット曲のはずですよね。全体的にもこのブラック・マジック・ウーマン以降、ジプシー・クイーンからオエ・コモ・バさらにネシャブールの出来事へと怒涛のごとく突っ走ります。まさに勢いがついてしまってどうしようもない時代を作った衝撃のアルバムです。ボーナストラックも嬉しいです。

私的にはサンタナの代表作…曲順に意味、流れが有るコンセプトアルバム

西海岸のヒスパニック系ダウンタウンの暗い汚い感じがないとね。私的には「フライドネックボーン」のウッドストック盤が好きなんだが…あの曲の歌詞に歌われる、明日の見えない貧乏のどん底、金、仕事、女、その他もろもろの世間並みな幸福に対する強烈なる飢餓感、それがサンタナの全てだったんだね。

サンタナ2st

オリジナルリマスターで見事な音に仕上がってます。 全曲キーボード、ギター、パーカッション、ドラム、ベースが光ってます。僕もですが、これを聞いてアフリカンビートにハマる人も多いのでは? めちゃくちゃ安いので買ってください。ハズレじゃないことは約束します笑!

悦楽

カルロス・サンターナの泣きのギター、なんといっても最高でしょ!彼ほど良く歌うギターを弾く人はあまりいないんじゃないかな。ここでのバンドとしてのサンターナはいい意味で洗練されていないが、既にひとつの極みに達している。ラテンパーカッションのに載って歌うサンターナのギターとマイク・シュリーブのヴォーカルに身を任せればいいだけなのだ。

聞けば聞くほど味が出る

サンタナのギターははっきり言ってあまり好きではないのですが、バンドサウンドとしては最高に素敵です。
まず、パーカッションがかっこよすぎ!
コンガ、ティンバレスなどのラテン太鼓で構成されるリズムは分厚く、奥深い。
このアルバムは楽曲が特に優れていて、いかに私がサンタナのことをあまり好きではなくとも、彼の実力とすばらしさを否定出来ない程の仕上がり。
そこまでの名盤、是非サンタナの入門に買ってみては?

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…

SANTANA 3
Santana
Caravanserai
キャラバンサライ(期間生産限定盤)
Amigos
MOONFLOWER
サンタナ
ザ・ベスト・オブ・サンタナ
サンタナ(期間生産限定盤)
ヴェリー・ベスト・オブ・サンタナ(期間生産限定盤)

ROCK ONLINE RECORDS

Prog Rock
CLOCKWORK PEACH